flavor of the month

きみはぼくのナンバーワンでずっといて

ZIP内 冠コーナー決定

まさかの〜ZIPの冠コーナー〜しかも毎日…!!!!おめでとう!!
デビューって凄いね、というのと同時に、キンプリってすごいね(笑)できるって思われて、朝にもピッタリだと、ここまで売り込む価値があるって思ってくれたから貰えた仕事なんじゃないのかな!?
人気も最低限あると思うし、お金にもなるんだと思うし、個々でコメントもちゃんとできるし、これ(仕事)任せて大丈夫かな…?って不安になるメンバーがいないのが強みだなあって思った。それは経験値積んだ今だから言えることかなとも思う。まあ今日のZIPはちょこちょこある間が気になったけど(笑)シーン…ってなる瞬間あまりなくなるといい気もする。それも慣れだろうけどねー


2015年は勢いあったけど、全然半人前だったなってよく思うんだよね個人的には。特に今を見ていると。やっぱり今だったなって。ほんとに今だった。これより遅くても旬逃してた。大事に育ててくれた感じがしてる。これだけ仕事が決まってるのを見ると、いつから企まれてたのかなーって気になる。たぶんデビューさせる気あったよね。だって映画二本にドラマだよ、冠コーナーだよ。全て、今を見越しての流れだったはずだもんね。運営がこれだけの勢いを作ってるの見ると。
なんていったって、レーベル作っちゃったからなあ…
事務所にいろいろあったあとのこれだからなあ…


プレッシャーすごそう。しょうくんとか、5人も。売れる売れる!って言われると何が何でも売れないとってなるし、苦しくなる時期が来ませんように。そんなん無理かもだけど…

まあ言っても、推されるのは今だけかなとも思う。このまま人気出続けたら推されも続くだろうけど、通常2年とか3年とかでピーク終えるよね…もっと早いのかな…?だから頑張りどきっちゃ頑張りどきか


でも深夜の冠より、下手したら顔売り早くできるかもって思った。朝の帯番組だもんね。人気と知名度もアップできるといいなー
個人的には売れても売れなくてもmy only flowering King&Princeだけどね〜〜〜ただ本人たちの頑張りが報われないのは嫌だから
好きだよー応援してるからね


そしてれんさんまさかの黒髪だった…………びっくりした…めっちゃイケメン。やっぱり黒髪にするとよりオーラ強くなるって思ってます!より目を引く!茶髪にすると埋もれるというかその辺の大学生だなって思う←
ここ何年か、たまたま私が現場行く時って黒髪期間でその一週間後に染めちゃうパターンが多くてさ(笑)


キングが3人で袖まくりしてて、プリちゃんは袖まくりしてなくて、キングはゴールドのボタンで、プリちゃんはシルバーのボタン。6人のなかに、キングとプリンス入れてくるのも好きだなって思った


最初、きしくんとしょうくんといわしのシャツの色区別付かなかった。これはメンカラの意味ないw CDTVのときに、ピンクの子とか黒の子とか赤の子って外野の人が呟いてるのを見て、メンカラって大事なんだなって思ったなー。色は世界共通だもんね〜〜誰でも知ってるから便利


テレ朝もフジもTBSもそれなりに繋がり作ってくれて、土台が割としっかり整えてある感じ…お世話になります本当に感謝しています


2013/05リアセクジャケ写Jr.バック選抜にしょうれんじぐいわきし込み込み→2014年のWUあたりで5人(きしくん居なかった)で初括りで表紙飾って対談→その後新春ジャニワで5人のシーン→2015/02/27にA6クリエ発表→2015/03/26 セクゾセクパワツアー横アリにて勝つんだwin!初披露(じぐいわしょうかい松松→松松のところはきしれん代打)→2015/04、2015/05クリエ→2015/06/05サマステサポーター就任、Mr.KING vs Mr.PRINCE結成→2015/06 セクゾチャチャチャンピオンMステバック ユニット紹介→2015/07、2015/08EXで特別公演→Mステ6人単独出演→2016/04 MステBTN→(運動会とかセクゾコンとかサマステゲストとかでときたま勝つんだとかサプライズ披露挟む)→2017/09ユメアイあたりで徐々に括り復活シャイニングスター歌う→2018/01ハピアイ青春アミーゴ6人vsその他のJr.→2018/01/17デビュー会見、発表→2018/03/15デビュー曲披露→2018/05/23デビュー日

 

f:id:puddlece:20180404125841j:image

f:id:puddlece:20180404125850j:imagef:id:puddlece:20180404130149j:imagef:id:puddlece:20180404130151j:image

特典シールや特典ポスターにもいたから今でも大事にとってある

この並び好きだった