Wear a crown

眩しいほどに輝く今を見ていたい

Lを読んで、夏の締めくくり

報知の記事を読んで

しょーくんは賢いなあと、今年のサマステサポのコメントとかリアクション見つつ感じたけど、キングのセンターはしょーくんだなあと降参し始める(笑)実を言うとれんちゃんセンター戻って欲しい気持ちもまだあったんだけど、敵わないなあって…しょーくんの器も人柄もスキルも賢さも敵わない。
ここに来て、「関西を選んだ理由は実は関西で一番になればみんなの目にも止まるかなと思ったから。」と出してくる(笑)お笑いの勉強したかったからとずっと言ってたのに。まさか他にも意図があったとは。こういうこと、関西にいた頃、さなかで話してこなかったところも賢いな、と感じるところの一つ。

この夏は覚悟しとけよ、と社長に言われた。とは前から話していたけど、想像以上だった、と話すしょーくん。
しょーくん、れんかいの公演見に来てなくて、正直一回くらいこれたやろ?とキング公演で問い詰められて、いや全然時間なかった。と返してたけど、キング公演個人公演しょりソロジャニワ稽古、オーラスの日はそのまま別撮り収録、雑誌の取材…サマステサポ…、こんなにやることがたくさんあって、ほんとに時間なかったんだろうなぁ。時間なさすぎじゃない?恐ろしい。それをこなすしょーくんの技量も計り知れない。ずっと、入所したばかりのときの、1日5公演場所移動しながらやった。エピソードが一番大変だったと話していたけど、それを越えてきたよね(笑)

去年の夏も忙しくてしょーくん心ここに在らずなときあったような気がするけど、今年はこんなに忙しいのに疲れを感じさせずに表に立っていつもニコニコして、自覚がすごいなって思うよ。

スタッフのひとに、個人公演を経て、キング三人が集まった時の強さはすごいね…!と言われた…って話してくれていて、ものすごく嬉しいオタクとして嬉しい。キングにしかない風格も華も勘違いじゃない。


写真集のメッセージを、いまだにいろいろ考える。
変わったとか遠くなったとかいうのって、前から見てたファンのこと考えてくれての言葉なのかなとか感じた。
ずっと見てきたファンが遠くなったっていって離れていくのもそれなりに本人たちも寂しいって思うのかな、って考えさせる言葉だったな。割と本人たちは変わってないのに取り巻く環境だけが変わって、それをふぁんのひとが過剰に感じ取って不安になって言っちゃう。みたいな感じなのかなあ…
本人たちがこんなに頑張っていろんなものと向き合ってるのに、遠くなったとか個人の都合こぼしてる場合じゃなくて今だから声援送りまくらないといけないんだなってつくづく思って、泣きそう。背中押してあげなきゃいけないんだ。

ただ、この記事を読んでもそうだし、写真集のメッセージとかで、キングとしての決意を感じさせてくれるからキングは大丈夫かなーって思えたかな。公演でも、かいちゃんのドリボユニに対して、今までありがとな…とか冗談めかしてれんちゃん言ってたけど、あーキングは大丈夫なんだなーってこの冗談聞いてて思った(笑)

れんくん自身から発せられる言葉以上に信じれるものは無いってここ数年で実感したし、今まで見てきた私の感じるれんくんを信じれば間違いないって今年の夏めっちゃ思った。秋は受験勉強に専念するだとか、この間の公演のMCでサマパラについてめっちゃ他人事のように平野氏に話振ってたのも、れんくん出ないんだなーってわかる感じだったしな(笑)いろいろ話聞いてもらう中で、れんくんだって人気出たらどうせこうなるんだから。って言われたりしたけどれんくんそんな子じゃ無いって不思議と変な確信があったけどこの夏もそれで大丈夫だった。


結局、いろいろ思うことがあった夏だったけど、れんくんとキングが大好きだよー!!!!!!と言ってしめくくれて良かった、自分自身気持ちが安定して安心した。
一番最初に会ったときの感じが一気に蘇って、前のれんくんぽかった。なんて思いつつ、不思議な夏だった。

結局好きしか残らない夏だった。