読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wear a crown

流した涙の先に僕らはいるんだね

星の形を成してきた…?

ものすごく個人的で主観な話です。

手から零れ落ちる砂に、陽の光が反射してチカチカする感じ。とか、繊細なパウダー系のキラキラ感。とか思ってたんだ、今までは。雪の結晶のような綺麗さと儚さ、凛とした感じの優美さ。今までのれんくんは。

バトン回してる姿、愛は味方さの振る舞い。クリスマスツリーのてっぺんの星ほどペッカーン!で爛々!な感じではまだないけど、なんかれんくんの周りを飛ぶキラキラがちゃんと星の形になってきてるよなあって(笑)なんの話だよって感じだけど、そう感じた(笑)

もっと地味さも主張してたはずなのに。いつのまに。
れんくんがステージで何かを披露するたびに、受け手のわたしがつい力が入ってしまったり、固唾を呑んでしまったり。
ほんの少しの衝撃で、壊れてしまうんじゃないかって思ってた時期もあったなぁ…。ただただ、か弱くて儚くて。守ってあげたくて。

…いつのまにこんなに逞しくなったのほんと…。
きっと大丈夫。だと強く思わせてくれるようになったのはいつからなんだ。こんなに信頼させてくれるようになったのはいつからだろう。

いろんな気持ちがなんだか混ざり合ってるし、込み上げてきてるし…

なんだろうなぁ。
唐突に感慨深いのターンが迫り来る(笑)

永瀬廉くんって子はわたしの中で大事で大事で仕方ない存在。

大人のファンは重いんですよって、テレビに出たどっかのオタクのひとが言ってたけどその通りすぎるよ。(笑)
毎回毎回、理想だとかなんだとか、いろんなこと、いろんなもの、押し付けてごめんねって思う。勝手に押し付けてるだけなんだけどさ(笑)たーっくさんの人の想いを背負って、ステージに立ってるんだもんなぁ…。重荷に感じるときだってあるんだろうなぁ…。
ステージに立ってくれてアイドルでいてくれてありがとう。
この冬もれんくんと帝劇で会える幸せを噛み締めよう。

ジャニーズワールド、初日おめでとうございます!怪我なく無事に走り抜けられますように。