読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wear a crown

流した涙の先に僕らはいるんだね

ベストステージ

ベスステ。ステージ誌の表紙って飾ったことあったっけ…?初…?
ベスステ写真微妙!って思ったのはわたしだけかなあ(笑)でもピンナップはキングで大きく載っていて嬉しかったですありがとうございます。
終演後はどこかに行くとかありますか?なんてけんしょりに聞くれんくん。そこで勝利さんが「お出かけはオススメしないな。だって、Mr.KINGの代わりはいないんだよ」と。イエス、その通りすぎます勝利さん!けんしょりの言葉は、さすがだなあ…と感心させられるものばかりだなとベスステを読んで思いました。
れん「ジャニーズワールドを引っ張っていく気持ちってどんなですか?」れんくんのこの質問で、結構深い回答をくれるけんしょり。
勝「社長に、同じ場所にいても意味がないってよく言われてさ。チャンスを貰った以上、自分を超えるしかないんだよね。」「ここに自分は立つのが当たり前なんだ、ぐらいに思わないと遠慮してたら下がってくだけ。」
勝利さんはたくさんのものを背負ってるんだなぁ…。強くならざるを得ないよね、みんなの先頭に立たされる(立つ)立場は。去年の春から今までのれんくんにも言えるけど。
ふと、サマリー千秋楽での勝利くんの背中を思い出した。泣いてたんだけど、ずっと背を向けてて。まだまだ頼りない背中だったけど必死に頑張ってたんだなって。(関係ないけど、千秋楽になにわが来たのも懐かしい。この一ヶ月後にれんくんが悩みのタネになるとはこの時思いもせず笑)
けんと「いつでもプラス思考でいること。マイナス思考は本当にダメ。」
れん「千秋楽には、もっと逞しくなっていたいです。体も精神も。」
けんと「ファンの人のことを考えてみたら?自分がどうではなく、とにかくファンに喜んでもらいたい。そう必死になる姿を好きになってもらいたい。」
デビュー組はやっぱり違うな〜なんて。たくましいよね。すごいよ。年代変わらないのにさ。
前に立つことについて、他のJr.に対して気にはするけど遠慮はしない的なこと言ってたよなーれんくんも。勝利さんの、遠慮してたら下がってくだけっていう言葉がズッシリきた。ここは自分の場所だって胸張って立つくらいじゃないとね。せっかくいい位置もらっても、なんとなく自覚も薄くて立たされてる感満載だと伸びなさそうだなーと見てる側も思うんだよなぁ。そんな感じで、大丈夫かなぁ…って少し勝手に気にしてるJr.がわたしにもいたり(笑)

れんくんにはそこまでファンのこと気にして欲しいわけでもないんだけど、でも間違いなく本人のモチベーションにファンは含まれてるだろうなーって思ってる。期待に応えたいって気持ちも前から強いよねれんくん。
二ヶ月とかロングランで不安もあるだろうけどキングの三人には頑張ってもらいたい。一年頑張ってきて培ったものを集大成として見せてくれるのもジャニワだと新春の時も感じたから今回も楽しみ。今年はなんだろうなあ…ちょっぴりプロっぽくなったなと思う。ステージに立つ人っぽくなったというのかな。だからステージでの振る舞いに期待してる。今までの感じとはまた違う印象を他のお客さんに見て感じてもらいたいわたしとしては。






僕は君のすべてになりたいを見ていた。少クラです。最初はセンターにれんくんとらんらん。そして途中から、れんくんときしくん。きしくんになった瞬間、個人的でしかないけど、おお!きた!これ!この二人のオーラ?がマッチするんだよな!!って毎回思う(笑)相乗効果があるんだよねなんか二人が並ぶと。見た目的に。引き立てあうというか。わたしの個人的意見でしかないですけど。なんでシンメとして出会えなかったんだろうってこれ見るたびに思ってしまう自重しろよって感じだね。まだ見ぬのときに、勝利さん降臨のシーンで両脇に従えるきしれんの図も本当に好きで。画的に好きなんだよなあ二人。元々好きだったんだけど、きしくんのキャラはA6になるまで全然知らなかったの。並びが好きだなと思ってただけなんだけど、絡みも最高だとはまさか思ってなかった…。WUの表紙は宝物。
あと、少クラのドリボ潜入見てたら…まあいつもの現象…ドリボ行きたい(泣)せり上がるステージのセンターで、たまさんたちのバックにいるれんくんのネクドリやばい。好きすぎる。もう見れないのかな(このセリフも何度目だろう)。もう2014ドリボなんて2年前で、2015ドリボがやってきてそれも終わったのに。とか考えてたら、もう12月で2015も終わるなんて信じらんない………いや、私たちは13月を探しに行かなきゃならないから2015年はまだ終わら……あれ、でも12月にジャニワ見たら13月はどこにあるか知って終わってしまうわけだからどっちにしろ2015年は年内にちゃんと終わってしまうのか…(?)


広告を非表示にする