読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wear a crown

流した涙の先に僕らはいるんだね

WUかんそう

ren magazine,TV
WU表紙ー!ぱふぱふ〜!
れんちゃんの笑顔がとてもかわいい表紙でした。ちょうかわいい…。欲を言えば、真ん中にれんちゃん置いて欲しかった…きしくんの隣にして欲しかった…(わがまま)

スタイリストさん誰?黒シャツにベストって。たまりません。ズボンも黒ですごくスタイリッシュに見えてれんちゃんかっこいい!似合ってるよねー。あときしくんも似合ってるなあと思った!それぞれテイスト違う感じにしてくれてありがたい♡
今までの表紙の中で一番好きかもしれない!
三人だけで表紙選ばれるのってすごいし、贅沢だよね。嬉しい。

ピンナップも好きな感じ。きしくんのメガネ姿がIT関係の仕事してそうな感すごくないですか…?(笑)このメガネかけてると性格悪そうに見えるwwwごめんなさいww
れんちゃんのこういう黒縁あんま好きくない実は(笑)肩に平野氏の顔乗せられて、なんか嬉しそうなんだよなあ…(笑)平野氏にしか引き出せないれんくんの表情がある。妬く(自重)

ジャニーズJr.スペシャルで、いろんなトリオの組み合わせ特集!さすがWUさん〜いい仕事してる〜
しょうれんきしトリオと、こうききゅんとさくまくんが同じ組み合わせにいるのがわたし得〜ふえ〜い

ちょっとお着替え覗いてる感が小っ恥ずかしい…れんちゃんの裸体だめだよ>< 脱ぐとそんなに中学生のときの身体のライン?と変わってなくて、ほわーんってなった。

赤茶っぽいようなジャケットが似合ってる。好き。逆に青のパーカー着てるきしくんといいコントラスト。青と赤着てるきしれん…(にやにや)

ドリンク飲んでる仕草が大好きです…っ
クリエでも水飲んでる瞬間に興奮しました

オフショットでこのドリンク、平野氏にペロリされてたけど、普通に飲んでるね。

クロストーク好きだなーと思った。トークっぽかった。でもそこまで堅すぎなくて、でもフランクに細かいこと教えてくれてて良かった。

岸「さっきスタッフさんにこの三人で話盛り上がる?って聞かれたんだけど」
平野「もうすぐ言う〜、すぐ言う、すぐ言う〜〜」←食い気味にオネエ言葉
永瀬「ほんまやで!盛り上がる以外の何者でもないで!クリエでのMCを経験した今、自信しかない!(笑)」

平野氏の様子が目に浮かぶ…てか、スタッフさん!盛り上がるに決まってるでしょ!仲良いんだから!(笑)
そして…自信しかなくなってる、永瀬さん…(笑)あんま調子にのるなよ…w

岸「まあ確かにMCは盛り上がったな」
平野「初日は探り探りだったけど。最終日はスタッフさんが観に来てくれて、なんとMCをめちゃ褒めていただきましてね。廉、褒められてめっちゃ嬉しがってたもんな」
永瀬「そう!オレ観に来てくれた人みんなにMCの感想しか聞かなかった(笑)それくらい、今回はMCを重要視しててん」

ほんと、MC最高だった。好きだった。楽しかった。想像してたよりも、面白くて、ぎこちないのかと思いきやそんなことは無くて、ナチュラルに盛り上がっててトーク中の空気感も、ネタをポイッて投げてそれを広げていけるところも、いいなあと思いました!
同年代だからなのかなぁ。それだけ話し合ったということなのかなあ。MCで肩揺らしながら笑ったの久々だったよ。褒めてもらえて本当に良かったね。去年のクリエもれんちゃん褒めてもらってたもんね。今年は去年よりも上手くできてたしスムーズだったと思う、レベルアップした姿を観れて嬉しかった。れんちゃんも、わたしもだけど、MC大丈夫かな…?って結構心配だったから、ほんと安心したし上手くいって良かったと思った。

岸「スタッフさんが言うには、オレらくらいの経験や年代だと遠慮したりカッコつけたりしちゃうことが多いらしいよ」
永瀬「まあその辺はオレとしょうは関西で学んで来ましたからね!」
平野「そう!関西でカッコつけてたりしたら、話なんて振られない(笑)」
永瀬「そう。だから覚悟を決めて、ひとつずつ大事なものを捨てて行くしかないんですよ(笑)」

れんちゃんの最後の一言わろた
大事なものをひとつずつ捨てて行くしかないんですね…(泣)w でもさ、れんちゃんはこの見た目でこのキャラクターってのがウケると思うんだよ。見た目のまんま、ツーンとしてカッコつけてるままだと、こいつ苦手!で終わられると思う(笑)関西Jr.出身で良かったのかもなあ…。関西で、この感じだから関西でも推されてたと思うし。この見た目で関西Jr.、関西弁ってのも大きかったと思うし。
でも、霊長類〜!とか言って自虐ネタ入れてたりとか、そういうとこがほんと面白かったよね!変に遠慮するとかも無かったと思うし、かいちゃんのぶっこみも良かったし。(笑)頑張ったね、みんな。はなまる!

岸「でも、しょうと廉と見ていて学んだのは、笑いは変に狙ったらダメなんだってこと。自然が一番。」
永瀬「そうそう。オレらはMCはあえてゲームコーナーとかにはせんで、ほんまにしゃべりでいったもんな。オレらのトークって、リアルな男子高生の会話ちゃう?みんな素をだしまくり」
平野「オレらの良さはその、飾らないところなんじゃないかなって思った」

そうそう。ナチュラルな感じが良かったー。普通の会話の感じなのに、DKノリが入ってきて、可笑しくなっていく流れ!

本番前にトークネタをざっくりと話し合って決めておくという話で
岸「今までそんなことしたことないもん」
永瀬「ほんまに!?関西は必ずやるで。オレの中で、パフォーマンスと同じくらい…いや、オレ的にはそれ以上に大事かもしれん。MCがおもろかったら、この人たちのコンサート楽しい!めっちゃ笑って元気になった。って思ってもらえるやんか」

パフォーマンス以上に大事かもしれん…っていうのは、誤解を生む(笑)たぶん、パフォーマンスよりも気になってしまうとこなんだろうね。不安感が大きいというか。MCは客席の空気とかモロに伝わってくると思うし。妙に静かだったり、流れ止まったらアウトなわけだし。れんちゃん、すごく用意周到だから。パフォーマンスはある程度流れも動きも決まってるし。ものすごく神経使うという意味で、MCのが大変かなあって…
まあ、アイドルの軸はパフォーマンスで魅せることだとも思うから、そこも懸命に磨いて行ってほしいよ。

岸「今回の6人でステージをやってみて、バランスいいなって思ったんだよ。」
永瀬「なんか分かる。役割分担ができているっていうか」

本人たちがこう思ってやってくれてるなら、本当に良かった。なんか違う…って、ズレを感じながらステージを共に作り上げていくのはキツイと思うから。わたしも、どんどん好きになっていってる。

きしくんのクロストークでの話の振り方が好きだなと思う。具体的なエピソードで、深めなこと言ってくれるかなって。真面目な話に真面目に返すれんくんとか出てくるから、聞きたいこと聞けたーって思うし、ありがとう。きしくん、イジられるのも全然OKだよって言ってて、ほんと助けられてるなあ…って…

オレらボケたがりが多いーっていうきしくんに、れんちゃんも、ほんとはめっちゃボケたいのに!って話してて(笑)いや、真面目な話、れんちゃんがMCやるとは思ってなかった。だって、真ん中に立つ子がMCまで担う必要なくない?って。重いじゃん。重いよ。一人二役辛いよ。まいじゃにも、MCだし。れんちゃんボケてて面白いのにそういう一面も見れなくなるって思うと寂しかったし。でも、MCやってるれんちゃんも、誇りで。好きなんだよね……意識して、頑張ろう!って気持ち持って、自分のものにしていく様子とか、見ていてかっこいいなあ…ってなるし、挑戦していく姿に、また、ついていきたい…ってなるんだよ…。
好きだよ、れんちゃん。


▽特別企画
オレのファンの人はこんなオレが好き!
「くしゃって笑った笑顔」

そうそう。れんちゃんの言う通り、いつでも見れるわけではないこの笑顔大好きでーす!手紙にも書いたもん(笑)みんな書いてるよね?

特別企画面白いなあと思った!さすがWUさんー♪
落ち込んだのもあったけど←

▽なんでも大調査
先輩同士がケンカを始めた!さっと逃げるor仲裁に入るorそっと息を潜める?

これ、れんちゃん、逃げると思って(笑)逃げるとこ探したらいた。ビビりだし、人のケンカとか見てられないタイプだろうなあ…れんちゃんがビクビクしそう。




d誌のクリエのピンナップすごく良かった。れんくん大きかったし、臨場感に溢れてて、つい魅入っちゃうお写真でした。
広告を非表示にする