読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wear a crown

流した涙の先に僕らはいるんだね

ラジオとカレンダー

土日だけでもいろいろありました。(笑)

まず、ラジオ!
れんまるちゃんの声がとーっても可愛い。声だけ聞くとまだまだ少年っぽさが残ってるね〜。初めてれんまるちゃん認識したときから、この子の声がすごく好きだって思ってたけど、声変わりした今は今であの頃ほどの透明感は薄れてきてるけど、いい声質してるなあって改めて感じました。ラジオだと声だけに集中できるからまた良さが伝わるものだね〜。

とにかく笑いしぬかと思った。噛み噛みだし(笑)お題読んで、本人意味が分からなくて、「え、どゆこと?」って何回も聞いててれんちゃんだな〜って思ってました(笑)2年くらい前は雑誌で対談してても「どゆこと?意味わからん」って言ってることが何回かあって、そのあれとなんか被った(笑)れんちゃん、思考回路が柔軟なとことそうじゃないとこがあるのをこのラジオで突然思い出して笑ってしまった(笑)

文一くん(男性)相手にするとなって、逆にどう声かけすればいいか分からなくてグダグダなところがもう笑いしんだ
あれって、異性役をメンバーにやってもらってください!って意味ではなかったのかな?(笑)

「男は管轄外」発言わろた
わたし別に割と本気でれんちゃんが男の人管轄内だとしても全然許せるんだけどおかしいかな。れんちゃんだと思うと全然気持ち悪くないんだが……黙ろ
というか、平野氏に対する態度が本気にしか見えないからなんか……黙ろ

「歯並び担当です」の言葉に、久々れんちゃん節きたなあと思った(笑)想像の斜め上からぶっこんでくる感じね。ところで、関西Jr.の歯並び担当ってどゆこと

歯並び綺麗だね〜ってファンの人に言われてるもんね。
歯並び綺麗とか、おれ足長ない?とか、まだ15(14?)歳なのにごせきくんをキュンとさせれる僕って一体…とか自分で言っちゃうのがれんまるだよねナルシストでしかないよね
悪気なくて無邪気にこういうこと言うとこがまた憎めなくて可愛いと思っちゃうからだめだよなあ(笑)

れんまるちゃんのウハハハハハハハハって笑い方が好きなんだけどちょいちょい聞こえてきて高まったー。

文一くんに必死に言葉かけるれんまるちゃんのそばで必死に笑い堪えてるだいちゃんが想像できてしまってその場面をこの目で見たかった…面白おかしくれんちゃんのこと見てるだいちゃんが好きだったりします…
れんちゃんはさ、おおにしさんとだいちゃんがまいじゃにとかでネタ始めるとき大体、怪訝な顔で眺めてる気がしてるんだけど
だいちゃんは保護者目線でニコニコ見つめてるよねおおにしさんとれんちゃんのこと。
なにわ可愛いなあ…。なにわの距離感大好きだったんだよね〜。ベタベタしなくて。それぞれビジネスっぽいの漂ってて(笑)でも並ぶと子どもっぽくて可愛くてなあ〜

ラジオ来週も楽しみだね。
初ラジオおめでとうございました♡


カレンダー!
びっくりした。何がって、ページ数の多さ。れんまるちゃん、ソロとトリオとしょうれんと6人の括りのページがあるから写真多くて!買うか迷ったけど買ってよかったー!

大きいカレンダーと手帳型カレンダーの二つセット。どちらも開いた瞬間に、れんまるちゃん♡♡♡嬉しい♡

感慨深いなあ…。2013年のカレンダーは裏表紙とかあったけどページ1ページくらいしか無かった記憶で。
2014年はソロページ貰えたよね。その他にも何ページかあって。嬉しかったなあ。
そして2015年。大きくなったね…(泣)

本人は、一番どアップ写真が盛れてる!っておすすめしてたけど、個人的には青いコートのれんちゃんのお顔が一番好きかも。あと、むかいくんと写ってるページ。天使か
全体的に、ふんわりしててあどけない表情多くて好きかも。シャボン玉のページもね、シャボン玉に気が向いちゃってる感じでれんちゃんだなあって。小道具預けたらそれに夢中になるよね(笑)

大きいカレンダーの6人のページ。後ろ姿がかっこいい。スタイルいいなあってのと、腰がなんかたまんない。
あと、6人で変顔してるところ、平野氏の顔誰だか本気で一瞬分かんなかったwwれんまるちゃんはどうしたのかな?もっと際どいのできるはずだよね?なにかわい子ぶっちゃったのかな???ん??

お顔に手添えてる写真が、なんだかどれも好きだなー。れんちゃん手ほんと綺麗。
おおにしさんと手を繋いでる写真も、れんちゃんが女の子と手をつなぐときこんな感じなのかな…って想像してしまう。w

直筆メッセージつきのプロフィールページ。
名前、丁寧に書いた…?キリッとした感じで書いたね…?いつももう少し丸みを帯びてるイメージでした。でも、メッセージはちょいと雑だね。いつもだけど(笑)よろしくお願いしますの後にたいてい「!」付けてる気がするのに今回ついてなくて意外でした。